PR ミニクラ

minikura(ミニクラ)の取り出し|再入庫の注意点も

minikura(ミニクラ)の取り出しと再入庫

minikura(ミニクラ)の取り出し(方法・日数・料金)と、再入庫について紹介します。自宅に届けてほしくない荷物を取り出すコツや、取り出しキャンセルについても紹介します。

ダンボール保管最安値級

ミニクラのプランを確認する

倉庫業大手の寺田倉庫が運営・コスパ良し

minikuraの取り出しの基本情報

取り出し単位箱ごと・アイテムごと
取り出し日数最短翌日(おおむね2日が目安)
取り出し配送料金本(メール便):356円+35円/冊~
アイテム単位:880円
箱単位:1,100円、1,320円
早期取り出し料金最大で月額料金の2ヶ月分
ボックスの再入庫できる
アイテム単位の再入庫できない
税込み料金

minikuraの取り出し方法と手順


  • step.1 マイページにログインする

    minikura(ミニクラ)の取り出し操作方法の画像

    メニューの取り出しから「アイテムを取り出す」「ボックスを取り出す」を選択します。スマホでログインしたときは、画面上部の三本線をタップするとメニューが表示されます。


  • step.2 アイテム・ボックスを選択する

    minikura(ミニクラ)の取り出し操作方法の画像

    取り出したいアイテム・ボックスを選択して「配送先入力へ」を押します。


  • step.3 配送の情報や条件を指定する

    minikura(ミニクラ)の取り出し操作方法の画像

    配送先、配送日時を指定します。登録済み住所に送るときはプルダウンから選ぶだけ。住所を新しく登録して、お好きな場所に送ることもできます。「この内容で確認する」ボタンを押しましょう。

    minikura(ミニクラ)の取り出し操作方法の画像

    内容を確認して「この内容で取り出す」を押したら完了です。


取り出し日数は最短で翌日

minikura(ミニクラ)の取り出し日数は、最短で翌日(前日の午前中までに取り出し配送を依頼した場合)です。倉庫からの距離や混雑状況によって変わるので、おおよそ2~3日かかります。荷物の流通量が多い時期(繁忙期)は、さらに日数がかかることもあります。

また、本を1冊単位で取り出した(本の総重量が1kg以内)場合は、配送日が土曜日に重なると1日遅れて届きます。これは、minikuraでメール便を担当する日本郵政が2021年10月から土曜日の配達を取りやめたためです。

使うことが決まった保管アイテムは、早めに取り出し依頼をしましょう。

取り出し配送料金

取り出し配送料金は、ボックス取り出しの場合は1,100円~1,320円、個品取り出しの場合は880円(本は356円~)です。また、保管開始から2ヶ月以内のボックスを全量(箱まるごと)取り出しすると、早期取り出し料金(最大で保管料金2ヶ月分)が発生します。

参考詳しくは、minikura(ミニクラ)のプラン料金と取り出し料金

トランくん
トランくん
取り出し配送料金は、宅急便の料金よりも安いです。

ミニクラの取り出しの便利な使い方

ミニクラでは、取り出した荷物をヤマト運輸の営業所留めで配送できたり、取り出し依頼をキャンセルできます。

ヤマト運輸の営業所留めで配送できる

ミニクラから取り出した荷物は、ヤマト運輸の営業所留めができます。家族にこっそり保管しているものを取り出すときに活用したいですね。

やり方は、取り出し配送依頼をするとき、配送先に営業所の郵便番号・住所・営業所名・来店する人の氏名と電話番号を入力するだけです。

トランくん
トランくん
受け取りに本人確認があるので、受け取り者の名前と電話番号は必須です!入力漏れで受け取れないときは、営業所からミニクラに返送(送料は利用者負担)されます。

取り出しをキャンセルできる

取り出し依頼をキャンセルできます。やり方は、マイページ→取り出し→お申込み履歴へと進み、キャンセルしたいアイテム・ボックスを選んでキャンセルボタンを押すだけです。

出荷作業が始まるとキャンセルできないので、操作はお早めに!

キャンセルできない状態だけれども配送先を変えたいときは、ヤマト運輸カスタマーセンターに直接連絡して「お問合せ伝票番号」を伝えます。お問合せ伝票番号は、出庫完了メールに掲載されています。

minikuraはボックスの再入庫ができる

ミニクラでは、すべてのプランのすべてボックス(クローゼットプランやクリーニングパックの不織布ケース含む)を再入庫できます。再入庫の方法は、返送された箱に同梱されている着払い伝票で荷物を送るだけです。

  • 不織布ケースは2022年9月から再入庫できるようになりました。
  • HAKO(撮影なしプラン)には着払い伝票が同梱されません。マイページから預け入れ申し込みして、集荷に来たヤマト運輸のドライバーが印字済みの着払い伝票を届けてくれるので、その場で貼ります。

撮影ありプランの再入庫はボックス名や説明書きの再入力が必要

個品アイテムの撮影ありプラン(MONO・クローゼットプラン・クリーニングパック)のボックスを再入庫した場合、前に入力したボックス名や説明書き(入れた物などを自由形式でメモできる)が消えるので、再入力しなければなりません。これは、再入庫によってボックスIDが変わり、別のボックスとみなされるためです。

なお、撮影なしプラン(HAKO)は、同じボックスIDを引き続き利用します。

再入庫したボックスは入庫初月から保管料が発生する

再入庫したボックスは、入庫初月から保管料(日割り料金)が発生します。同じ月に取り出しと再入庫を行うと、月額保管料が二重にかかります(取り出し月全額+入庫月日割り)。

預け直すなら、月をまたぐと余計な費用が発生しません。

まとめ:minikuraは最短翌日で荷物が配送される

ミニクラは、最短翌日で荷物を取り出すことができます。倉庫との距離や混雑状態にもよるので最短日数で届くとは限らず、お届けの目安は3日間。

ミニクラが始まって間もない2015年には、東北のみに倉庫を構えていましたが、利用者の増加とともに倉庫(拠点)を増やしています。

セキュリティの関係で倉庫の位置は明かされていませんが、各地に倉庫が設置されているとするなら、思ったより短い日数で荷物が到着するかもしれませんね。

ダンボール保管最安値級

ミニクラのプランを確認する

倉庫業大手の寺田倉庫が運営・コスパ良し


  • この記事を書いた人
サブスクひろば運営者画像

さぶすくん

サブスク(定期・定額のサービス)を研究しています。サブスクサービスのリリースを予定しています。

-ミニクラ