PR 加瀬のレンタルボックス

加瀬倉庫(加瀬のレンタルボックス)のバイク収納|盗難防止やコンテナの広さ・装備

加瀬倉庫(加瀬のレンタルボックス)のバイク収納

加瀬倉庫のトランクルーム「加瀬のレンタルボックス」では、バイク専用コンテナやバイク駐車場が設置されています。

さらに、荷物を収納するコンテナにもバイクを入庫可能なので、事実上、全店舗(屋内型トランクルームを除く)にバイクを保管・駐車できます

ここでは、加瀬倉庫にバイク保管を検討しているときにフと感じる

といった疑問・希望にお答えします。

初月無料(誰でも無条件で)

加瀬のレンタルボックスの空き部屋をみる

ウェブ申し込みでさらに1,100円割引(誰でも)

加瀬倉庫のバイクコンテナ・駐車場は4種類から選べる

加瀬のレンタルボックス公式サイトの画像
出展元URL:https://www.kase3535.com/

加瀬のレンタルボックスでは、バイク用のコンテナ・駐車場として次の4種類を用意しています。


バイクコンテナ・青空駐車場・屋内共同型の3つを、加瀬のトランクルームでは「バイクヤード」と呼んでいます。

タイプ通常型コンテナバイク用コンテナ青空駐車場屋内共同駐車場
料金安いやや高い安い高い
セキュリティ南京錠
防犯カメラ
ディンプルキー
盗難防止バー
可倒式スロープ
防犯カメラ
地球ロック
防犯カメラ
セキュリティカード入場
24時間セキュリティ監視
契約者のみ入場可
出入口ドア式ドア式なし電子開閉式
スロープ必要設置済み不要不要
なし
(自分で用意)
設置済みなしロッカー完備

バイク専用のコンテナ・駐車場は、数も空き室も少ないのが実情。

トランくん
トランくん
バイク専用コンテナが空いてたらラッキー♪即、競争率高いので、申し込みした方がいいです。

そこで、通常型コンテナに入庫するのを念頭に、近隣の店舗を探すことになります。加瀬倉庫の店舗のほとんどが、通常型コンテナなんですよ。

通常型コンテナ|1.6帖以上ならバイクを収納できる

加瀬のレンタルボックスのコンテナは、1帖未満~8帖までさまざま。バイクの入庫には、1.6帖以上が必要です。

広さ1.6帖2帖2.6帖4帖8帖
幅×奥行110cm×220cm140cm×220cm190cm×220cm275cm×220cm575cm×225cm
間口(ドア幅)85cm110cm以上
入庫台数1台1台1台2台4台

2帖~8帖スペースは、ドアの幅(間口)が110cm以上あるのでスムーズに入庫できます。1.6帖は85cmほどなので、バイクのサイズによってはハンドルを左右に捻じるなど工夫が必要。ミラーを擦らないよう注意が必要です。

  • セキュリティ:南京錠、防犯カメラ
  • 出入口:ドア式
  • スロープ:自分で用意
  • :自分で用意

注意:奥行は220cmなので大型バイクが入らないことも

加瀬のレンタルボックスの通常型コンテナの奥行は、いずれも220cm。そのため、大型バイクを収納できないこともあります。愛車の全長を確認してから、申し込みをしましょう。

トランくん
トランくん
ネイキッドやクラシック/トラディショナルは、入庫しづらいかも。125ccのバイクが限界。125ccであっても、車種によってはハンドルを切った状態でなければ入庫できないことも。

↑バイクコンテナ・駐車場の種類に戻る

バイク専用コンテナ|利便性とセキュリティを強化

  • 加瀬のレンタルボックスのバイクコンテナ(バイクボックス)
    バイクボックス
  • 加瀬のレンタルボックスのバイクコンテナ(バイクキャビン)
    バイクキャビン
  • 加瀬のレンタルボックスのバイクコンテナのスロープ
    バイクスロープ(格納式)
  • 加瀬のレンタルボックスのバイクコンテナの収納棚
    収納棚
  • 加瀬のレンタルボックスのバイクコンテナ内盗難防止バー
    盗難防止バー

バイクの入庫を目的に作られたコンテナです。通常型コンテナとの違いは、棚やスロープが常設されていて、セキュリティ面が強化されているところ。

加瀬のレンタルボックスのバイク専用コンテナは、2タイプあります。

種類バイクボックスバイクキャビン
広さ2.1帖2帖
内寸幅132cm
奥行270cm
高さ180cm
幅140cm
奥行220cm+30cm(タイヤハウス)
高さ180cm
スロープ常設(油圧ダンバー付き)
設置済み
アンカー盗難防止バーで物理ロック可能(前輪)
コンテナ連結なし隣接コンテナと連結

バイクボックスは、コンテナがそれぞれ独立。バイクキャビンは、コンテナ同士を連結することで、盗難防止力を高めています(コンテナごと持ち運べないようになっています)。

バイクコンテナの全長は250cm~270cmあるので、大型バイクもすっぽり入庫できますよ♪

スペースも十分で大型二輪車両を格納していますが取り回しも安心して出来ます。

Google

↑バイクコンテナ・駐車場の種類に戻る

バイク青空駐車場|料金安いけど車体が丸見えに

加瀬のレンタルボックスのバイク青空駐車場
出展元URL:https://www.kase3535.com/

屋外のスペースに白線を引いて区切った駐車場です。料金が安く、キャンペーン価格で月額1,000円以下の店舗が実際にあるほどの格安っぷり。

メリットは、料金が安く、バイクのサイズを選ばないこと。一方で、場内に入るところ・車種・駐車区画を窃盗団に見られたら狙われるかもしれません。

とはいえ、ガードレールほどの長くて太いバーに地球ロックできるので、それなりの抑止効果が期待できます。

  • セキュリティ:地球ロック、防犯カメラ
  • :なし

↑バイクコンテナ・駐車場の種類に戻る

屋内共同型駐車スペース|最高レベルのセキュリティ

加瀬のレンタルボックスの屋内共同型駐車スペース

出展元URL:https://www.kase3535.com/

バイク青空駐車場の、屋内版です。マンションなどの建物の地上階や地下に駐車します。場内でちょっとした整備もできますよ。

駐車スペースはラインで区切っているから、原付から大型バイクまで入庫できます。ただし、トライクは駐車できません

  • 出入口:電子キーによる認証式
  • セキュリティ:24時間セキュリティ・建物出入口に専用鍵・地球ロック不可
  • :自分専用の小物収納ロッカー付き

↑バイクコンテナ・駐車場の種類に戻る

通常型コンテナへの入庫はバイクスロープ・ラダーが必要

加瀬倉庫(加瀬のレンタルボックス)にバイクスロープを設置した画像

出展元URL:https://www.kase3535.com/

通常型コンテナは、地面とコンテナ床面に20cmほどの段差があります。さらに、家庭にあるものの保管がメイン目的なので、バイクスロープやラダーが用意されていません

バイクスロープを加瀬倉庫から無料レンタルもしくは購入するか、楽天など通販サイトから購入しましょう。

バイクスロープは無料レンタルできる

加瀬のレンタルボックスでは、バイクスロープを無料レンタルしています。

  • 対象エリア:東京・神奈川・埼玉・千葉(他のエリアの店舗にレンタルはありません)
  • スロープの送料:初回契約時3,300円(税込)、契約後4,400円(税込)

※香取小見川パート2、九十九里町、松尾町八田、旭ハ、旭鎌数、上尾、旭ロはレンタルエリア対象外

スロープは、申し込みして数日後に自宅へ届きます(コンテナがある現地への配送はありません)

バイクスロープの仕様

加瀬倉庫(加瀬のレンタルボックス)のバイクスロープ画像・表

出展元URL:https://www.kase3535.com/
加瀬倉庫(加瀬のレンタルボックス)のバイクスロープ画像・ウラ

出展元URL:https://www.kase3535.com/
  • 長さ:1030mm
  • :480mm
  • 折り返し:150mm
  • 重さ:約12kg
  • 持ち運び用取っ手付き
  • 裏面滑り止め付き

レンタル方法

加瀬倉庫(加瀬のレンタルボックス)のレンタル方法の手順解説その1

出展元URL:https://www.kase3535.com/

まずは、申込問合せフォームから借りられるかどうか連絡を入れるときに、バイクを収納する意思表示をします。

  • 公式サイトで契約したい店舗を選ぶ
  • 契約したい部屋の「お申し込み」ボタンをクリック
  • 「バイク収納を行う」にチェックを入れる
加瀬倉庫(加瀬のレンタルボックス)のレンタル方法の手順解説その2

出展元URL:https://www.kase3535.com/

次に、申込登録フォームで、バイクスロープのレンタルを希望します。申込登録フォームは、申込問合せフォームで入力したメールアドレスにURLが届くので、クリックでアクセスできます。

登録フォームに必要事項を入力したら、「バイクスロープ貸出」の「はい」にチェックを入れて送信すればOKです。

バイクスロープは加瀬のレンタルボックスから購入できる

加瀬のレンタルボックスの利用者限定で、加瀬倉庫からバイクスロープを購入できます。

  • 価格:11,000円(税込・送料込)
  • 購入方法:電話(045-477-3535)
  • お届け先:自宅(トランクルームへの配送はできません)

スロープの仕様はレンタル品と同じです。

トランくん
トランくん
似たスペックのバイクスロープを楽天で確認したところ、加瀬倉庫の方がお買い得でした。

加瀬のレンタルボックスのバイクコンテナを使ってみた口コミ評判

加瀬のレンタルボックスのバイクコンテナを使ってみた口コミ評判を、SNSで調査しました。

  • バイク人口が少ない
  • 荷物の収納が目的で加瀬倉庫を利用している人が多い

上記2つの理由から、バイクを収納した口コミはほとんど見当たりませんでした。ここでは、悪い口コミと良い口コミをそれぞれ紹介します。

悪い口コミ:無料レンタルスロープは送料がかかる

スロープのレンタル料金は無料ですが、配送料がかかります

無料で借りられると謳っている バイク用のスロープは送料がしっかり取られ、宅配便で自宅へ届けられるので自動車等がなければ12-13kgのスロープを持ってコンテナまで行くことになります。もう少し足せばAmazon等で買える金額です。電話対応も最悪でした。サイズ的に入れられるバイクは125ccまででしょう。
引用:Google

配送料に数千円足すと、ちょっとしたラダーを買えるので、送料払って安定性のあるスロープを借りるか、チープでもいいので通販サイトで専用を購入するか迷います。

大型バイクなら、幅広で安定するスロープをレンタルするのがいいかと。

良い口コミ1:大型バイクが楽に入る

バイク専用コンテナは、奥行が250cm~270cmあるので、たいていのバイクがすっぽり入ります。奥行270cmは、他社のバイクコンテナではそうそう見つかりません。

良い口コミ2:料金が安い

この口コミで注目したいのが、自宅から4kmも離れたバイクコンテナをレンタルしているところです。

なるべく自宅近くにバイクを置いておきたいもの。近くの方が安心できるし、遠いと取りに行くのが大変ですから。

4~5kmも離れると利用をためらうかもしれませんよね。そこで、自宅から離れていても不便を感じないコツを紹介します。

トランくん
トランくん
自転車でコンテナへ行き、バイクを出庫→自転車を入庫して、バイクに乗る。ライダーさんの多くは、こうやって利用しています。

バイクコンテナの料金

加瀬のレンタルボックスのバイクコンテナの料金を調査しました。ここでは、東京23区の料金を例に紹介します。

タイプ最安値最高値ボリュームゾーン
通常型コンテナ6,600円13,200円6,600円
バイクボックス6,600円20,900円9,900円
バイクキャビン8,800円8,800円8,800円
屋外ライン(青空)2,640円18,150円6,600円
屋内共同ロッカー無12,650円15,400円12,650円
屋内共同ロッカー有15,400円16,500円15,400円
通常料金を税込みで記載

店舗によって料金は異なりますが、月額6,600円~9,900円で借りられると考えていいでしょう。

なお、店舗によっては、キャンペーンで半額~10分の1の料金になります。

加瀬のレンタルボックスでバイク盗難を防げるのか?

加瀬のレンタルボックスにバイクを収納しても、バイクを盗難から必ず防げるワケではありません

さすがに、盗難のプロ集団に目をつけられてしまうと、自宅やトランクルームにかかわらずどこに駐車しても、バイク盗難を100%防げる保証はありません。

トランくん
トランくん
プロに破れない鍵はないとも言われています。

とはいえ、プロの盗難軍団以外(個人やいたずら)による盗難を防げるので、盗難に遭いにくくなるのは確かです。

なお、「防犯カメラがある」「コンテナの扉が道路から見えない」と、盗難の確率がさらに減ります。

まとめ:加瀬倉庫はバイクを安い&高セキュリティで保管できる

加瀬のレンタルボックスを運営する加瀬倉庫では、コンテナを製造・販売しているため、他社トランクルームよりもバイク収納方法が充実しています。

また、料金も安く店舗数も多いので、バイクを入庫するのに向いています

ただし、安く借りられるため、満室であることが多いのが欠点。自宅付近に空き物件を見つけたら、早めの契約をおすすめします。他の人が契約を検討しているかもしれませんよ。

トランくん
トランくん
加瀬倉庫を借りようとしたら、他の人に先を越された事例もあるんです。

初月無料(誰でも無条件で)

加瀬のレンタルボックスの空き部屋をみる

ウェブ申し込みでさらに1,100円割引(誰でも)


  • この記事を書いた人
サブスクひろば運営者画像

さぶすくん

サブスク(定期・定額のサービス)を研究しています。サブスクサービスのリリースを予定しています。

-加瀬のレンタルボックス